旅行という概念の革命が起きている!

『VR旅行』という言葉が旅行の概念を変える!
Zoomは過去のものに…

これまでの旅行という概念は、「知らない場所や行ったことがないに場所へ移動」することで起こりうる感動、または「非日常的な時間」を味わうことでした。

インターネット時代になって変わりつつあるのは、リアルに移動しなくても、これまでの「旅・旅行・観光」の感動と同じような感覚が得られるようになったこと。

コロナ禍に入り、Zoomを利用したオンラインツアーが溢れていますが(私も昨年10月から続けています)、どうしても旅行説明会のようなセミナー的な要素が拭えないZoomには『今旅行に行けないから』感が拭えない。
Zoomの本来の目的はオンラインミーティング。共有画面は補助的なものです。これを活用したのが、コロナ禍に氾濫しているZoomオンラインツアーなのです。

実は今年1月から密かに、TravelDXという、他社にはできない全く新しいオンラインツアー会社と提携し、ニュージーランド専属ガイドをしています。

VRゴーグルを使った、まさにバーチャルリアリティのオンラインツアー。
VRゴーグルがなくても楽しめるツアーなので最後まで読んでね~

私も初めてこの世界に知った時は度肝が抜かれました。Zoomは過去のものになると。オンラインツアーがコロナ禍のだけの一過性のものではなく、新しい旅行ジャンルとして確立されると確信しました。iPhoneが時代を変えたように、VR旅行も旅行概念を変えると思っています。

ツアー中の風景(Zoomとは世界が違います!)
感動や喜びを共有できるのです

実は大きな違いは、360度のバーチャル空間という視覚的な技術だけではありません。
バーチャル空間での、新たな出会い、交流、リアルと同じ感動が味わえることなんです。バーチャル空間に入ると、人の脳は現実のものと同じ信号が流れて、同じ場所に一緒にいられる感覚に陥る。たとえお互いの顔が見えていなくても、耳元で聞こえる音で十分に一緒にいる感覚を味わえる。

これは実際に体験してみないと分からないことで、言葉で伝えるのは非常に難しい。なぜなら、大袈裟に言うと人類がこれまで知らなかった領域だからなんです。

これまでのZoomオンラインツアー

『同じものを一緒に観ている感覚』
『コミュニケーションが一方通行になりやすい(受け身)』
『映画館的感覚イメージ』

『バーチャルを強いられている(自分自身に強要する)イメージ』
『現実に旅行ができるようになるための一時凌ぎ』
『コロナ後は旅行説明会や情報収集的な要素となる』

VRオンライン旅行

『ガイド&ゲスト、参加者全員が同じ場所にいて一緒に旅行を楽しむ感覚
『旅行の説明や現地の良さを知るだけでなく、ガイドやゲスト同士との深い交流が生まれる』
『ディズニーランドのアトラクションのような体験型オンラインイベント』

自然にバーチャル空間に飛び込んでいるイメージ』
『まさに旅行をしている感覚と同じなので、コロナ後も新ジャンルとして確立される
経済的に旅行に行けない方、身体の不自由な方、忙しい方にも旅行ができる夢を提供できる

いま私がハマりすぎて熱く語ってしまいましたが、このVRオンラインツアーが、現在モニター期間中につき全ツアー無料で参加できます。(7月17日現在)

VRゴーグルがなくても大丈夫!PC版というのがあり、PC画面を自由にマウスで360動画の好きなところを見ることができるのです。
Zoomのようなアプリは全く不要。20Mbps以上のインターネット回線スピードと、インターネットブラウザ(Chrome推奨)があればOK。
スピード計測はこちらから

お申し込みはTravelDXサイト
「スポット一覧」→「オセアニア」から選んでください。
なお、TravelDXの規定で、同業者の参加は不可となっております。

少しでも多くの方にこの世界を体験して欲しい!妄想旅行は偉大です!夢があります!
お気軽にご参加ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました